海外旅行

ウィーンの庶民的カフェ「プリュッケル」はケーキが美味しくておすすめ!【メニュー・価格・混雑具合】

ウィーンでのカフェ巡り。

高級感のあるカフェもいいけど、庶民派カフェにも行ってみたい!

そんな人におすすめなのが、100年以上の歴史を持つ老舗「カフェ・プリュッケル」。

実際に行ってきたので、カフェ内の雰囲気やメニューなど、写真も交えながら紹介したいと思います!

1904年創業の老舗「カフェ・プリュッケル」

ヨハン・シュトラウス像で有名な「市立公園(Stadplatz)」「オーストリア応用美術博物館(MAK)」の目の前にある「プリュッケル」。

最寄駅は、地下鉄3番線(U3)のシュトゥーベントア駅(Stubentor)です。

1904年創業、100年以上の歴史を持つ伝統的なカフェですが、外観や内装はいたってシンプルな雰囲気。

ヨーロッパの老舗カフェと聞くと、シャンデリアが飾ってあり、煌びやかな内装を思い浮かべてしまう私ですが、ここはとても庶民的。

店内も新聞片手にコーヒーを楽しむおじいちゃんや、地元の若者グループが和気あいあいと過ごしていました。

トプフェンシュトゥルーデルとアイスカフェを注文

朝一でフンデルトヴァッサーハウスに行き、市立公園を散策。カフェに到着したのは10時過ぎでした。

朝5時起きだったのでお腹ペコペコ!

ここはトプフェンシュトゥルーデルが美味しいという噂を聞いていたので、そちらを注文。

歩き回って暑かったのと喉が渇いていたので、飲み物はアイスカフェにしました。

すっごい量…!

この日は到着翌日で初カフェだったので、ケーキの大きさとアイスカフェの盛り盛り感にびっくりしてしまい、思わずSNSで共有してしまいました。

シュトゥルーデルを初めて食べたんですが、どの辺にシュトゥルーデルがあるのかわからず、日本で食べるようなチーズケーキでした。

かなりずっしり感のあるベイクドチーズケーキ甘さは控えめ

とっても美味しかったのですが、ボリュームの多さも相まって全部食べ切れず…!(ごめんなさい)

ケーキだけにしておけば完食できたのかもしれませんが、何せ頼んだ飲み物がアイスカフェだったので欲張りすぎました。

ケーキ+アイスカフェの組み合わせは量が多すぎるということを初日に学んだので、翌日以降はケーキを頼むときはメランジェとセットにすることにしました。

料金

トプフェンシュトゥルーデル:3.50ユーロ

アイスカフェ:5.40ユーロ

合計:8.90ユーロ(1,100円)

ケーキよりもカフェの方が高い!

他のカフェに比べてケーキがお手頃かつボリュームも多いので嬉しいです。

メニュー

ケーキメニューは、店内の奥にあるショーケースにあります。

プリュッケルのケーキは、ザッハトルテのような生系のケーキと、シュトゥルーデルのような焼き菓子系のケーキに分かれています。

こちらが生菓子系。手前にあるnusstorte(ヌストルテ)という、ナッツとキャラメルが詰まったケーキが美味しそう!

こちらが焼き菓子系。Apfelkuchen(=アップルパイ)も食べてみたい!

見た目はシンプルだけど、こういう手作り感があるケーキもいいですよね。

全てのメニューは公式サイトより確認してください。
※現地では英語のメニューもあります。

混雑具合

平日の朝10時過ぎに行きましたが、店内にはチラホラと人がいる程度でした。

観光の中心部にある「カフェ・ザッハー」や「デメル」などよりは混まないですが、カフェ時は満席になることも多いようです。

観光客が多いカフェに比べると、地元の人たちがのんびり過ごしているので回転率は悪いかな。

その代わり、空いているときであればコーヒー一杯だけでもゆっくりできる居心地の良いカフェです。

ピアノの生演奏が聴けたり、夜には週に2度ほど小さなコンサートやオペラなどが開かれるそうなので、そちらも要チェック!

アクセス

カフェ・プリュッケル(Café Prückel)
住所:Stubenring 24, 1010 Wien
最寄駅:地下鉄3番線(U3)Stubentor駅(シュトゥーベントア)
営業時間:8時30分~22時00分
公式サイト:http://www.prueckel.at/